あなたの情報選びの旅に終止符を!

結局ツンデレ?韓国人には「逃げる」と「見捨てられる」の違いがわかってない!


【そこで、どうする!?この現実悪夢】

ここ10年で6万人が日本籍に...「日本の韓国化」という現実悪夢
少子高齢化が顕著な日本では、ここの所「移民」に関する注目が高まってきている。


同じく少子高齢化が進んでいる韓国でも、移民を積極的に受け入れようという動きがあるが、その一方で心配なのは韓国国籍を放棄する韓国人が増えているという事。

韓国籍を放棄する韓国人が過去最高韓国の移民政策研究院によれば、2007~2016年に韓国国籍を放棄(喪失または離脱)した人は、計22万3611人にも上るという。


特に2016年は韓国国籍の"放棄者"が3万6404人と過去最高に多く、2015年(1万7529人)よりも2倍以上も増加したそうだ。


年代では20代がもっとも多い"放棄者"ということだ。


では、韓国籍を放棄した人が取得する国籍は?


韓国国籍を放棄した人たちは、どこの国の国籍を取得しているのだろうか。

1位:アメリカ(9万4908人)

2位:日本 (5万8870人)

3位:カナダ (3万2732人)となっている。


以前韓国の『中央日報』などが調査した「韓国国民が選ぶ最も"魅力的な国民"」
というアンケート調査でも、日本は2位にランクイン。


関係の冷え込みが高まる昨今だが、「日韓関係は今後良くなる」と考える韓国人が過半数に上るなど、日本人との意識のズレの大きさが指摘され、国籍や移民に対しても認識が大きく違うのだ。


逆に韓国籍を取得する外国人は減少韓国国籍を取得する人は減少傾向に。


(2007年~2016年)韓国国籍を取得したのは15万3257人。


2009年の2万6614人をピークに、2016年は1万2411人にまで減少している。